緊急時のみ使おう

ピンク色の薬

緊急の場合に後からでも使用することができるアフターピルに副作用はありますが、あなたの身体を傷つけたり妊娠しにくくなるようなことはありません。

リノラルで女性ホルモンのバランスを整えれば健康的な身体になれます。体質もあるので説明サイトで詳細を理解しておきましょう。

「避妊に失敗してしまい、次の生理が来るまで生きた心地がしなかった…。」そんな経験をしたことがある方は意外と多いのではないでしょうか。
日本で有名な避妊方法といえばコンドームですが、コンドームによる避妊は意外と失敗してしまうことが多いようです。行為中にコンドームが破れたりすることによって避妊が失敗してしまう例が後を絶ちません。
中にはコンドームを使うと快感が減少するということで、コンドームの着用を拒む男性もいます。
避妊の失敗によって大変な目にあうのはいつだって女性だけなので、自分の身を守るためにアフターピルは常に持っておきましょう。

アフターピルとは、避妊に失敗した後に服用することで避妊が行える薬です。アフターピルは産婦人科で処方してもらうのが通常なのですが、避妊に失敗した際にすぐに服用するために個人輸入の通販で手元に置いている方も少なくありません。
アフターピルはぜひとも持っておいていただきたいのですが、同時に副作用についてもしっかり知っておきましょう。アフターピルは女性の体に大きな変化をもたらしますので、時に急激な副作用に見舞われることも珍しくありません。
副作用についてしっかり知っておかなければ、アフターピルを有効に活用できなくなる可能性もありますので、当サイトではアフターピルの副作用について紹介していきます。
個人輸入の通販でアフターピルを購入する場合は自分で副作用について知っておく必要があるので、当サイトでしっかり勉強してください。

  • 主な副作用について

    グレーの薬

    アフターピルは体のバランスを意図的に崩しますので、必然的に大きな副作用が出てしまいます。主な副作用の症状は嘔吐感ですが、薬を吐いてしまわないようにだけ気を付けましょう。

    Read more
  • 副作用の少ない避妊

    綺麗な女性

    アフターピルはLNG法とヤッペ法の2つがあり、ヤッペ法の方が副作用が少ないのでオススメになっています。金銭的な問題でどうしてもLNG法を選ぶことになりそうなら、絶対に吐かないように覚悟を決めましょう。

    Read more
  • なるべく使わない

    赤いドレス

    アフターピルは副作用が強いので、使わないに越したことはありません。副作用が少なく、依存性も少ない低用量ピルを使う方が効果的だといえるので、できれば低用量ピルで計画的な避妊を行いましょう。

    Read more