主な副作用について

グレーの薬

アフターピルは避妊の失敗から72時間以内に服用する必要があります。これはアフターピルの働きに大きく関係しています。
アフターピルはいわば人工的に生理を起こす薬です。精子と卵子が結合することで受精卵ができて、その受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立するのですが、アフターピルは受精卵が着床する前に子宮内膜を無理矢理はがすので、着床ができないようにします。これは体の中で大きな変化を無理矢理起こしているということを意味しますので、アフターピルの副作用は大きなものになってしまいます。

アフターピルの副作用として最も多く報告されているのは、嘔吐感です。これは無理矢理生理を起こすことによってホルモンバランスが乱れていることが原因です。
副作用がどれくらい生じるかは人によりますが、軽い方は全く感じないということもあります。逆に重い方は2週間ほど嘔吐感に苦しめられることにもなりますので、非常につらい思いをするでしょう。
アフターピルの副作用で注意していただきたいのは、アフターピルの服用直後に嘔吐しないようにしなければならないということです。
アフターピルが消化吸収される前に嘔吐してしまうと、当然のことながら効果は発揮されません。アフターピルの避妊効果をしっかり受けるためにも、副作用は全力で我慢しなければならないと覚えておきましょう。

副作用の嘔吐感が止まらない方は、病院に行くという選択肢もあります。病院なら点滴などで吐き気を抑えてくれますので、どうしてもつらいときは病院のお世話になりましょう。